仕事をする意味

なぜ仕事をするのかと問われると、みなさん一貫して言えることは『お金の為』だと思います。
お金が必要だから仕事をしているにも関わらず
最近、お金を稼ぐ事とは逆の行動をする人をよく見かけます。
具体的には自己中心的な方を指します。
ではお金とは誰から頂くものでしょうか。
それは会社であり、その会社はお客様からお金を頂きます。
ではお客様にお金を頂くにはどうしたら頂けるのでしょうか。
それはサービスの提供です。
扱う商品が物であったり、労力であったり、エンターテイメントであったり種類はありますが
サービスを提供すると言う根幹は一緒です。
お客様はサービスを受けて満足しお金を支払う訳ですから
当然満足頂けない事にはお金を支払いたいとは思いません。
不良品を買わされてお金を払いたいとは思いません。
不味い料理を出されてまた食べに来たいとは思いません。
つまらないエンターテイメントを体験し、また体験したいとは思いません。
つまりお金を稼ぐと言うことはお金を支払うお客様中心です。
自己中心的な方はお客様を満足させておりますでしょうか。
自己中心的な方は仕事をする本当の意味を知り、
もう一度見つめ直す必要があると思います。

紹介予定派遣という働き方

派遣ってお給料もパートよりいいし、交渉は営業さんがしてくれるし、会社に入る前に業務内容を細かく教えていただけるし、時間通り帰れて良いところがたくさんあると思っていたのですが、今回お話ししたいのは派遣の立場って難しいなあと感じたときのこと。
ご縁があって就業先に決まった職場に、同じ日に配属になったかなり年上のパートさん。余りに待遇が良すぎてしてはいけないと思いつつもどうしても比べてしまい、つらい思いをしました。パートさんはボーナスあり、有給休暇は1か月後から発生、社員証は3日で発行、私3か月たってもビジターのままでした。たまたまなのか、社報や記念のクオカードなども配られませんでした。仕事内容全く同じです。しかも私の呼び名は派遣さん。え、名前も呼んでもらえないの、とかなり落ち込みました。
たまたまその会社がそうだったのかわかりませんが、派遣社員ってやはり肩身がせまいなぁ、と実感しました。どんなに頑張って成果を残しても、長期間働けない派遣法もあり不安の日々が続いたため、結局直接雇用の会社に転職することになりました。最初からせめて、紹介予定派遣にしておけばよかったと後悔です。今は紹介予定派遣の分野で評判がいいファルマスタッフに登録して情報を収集する毎日です。
ファルマスタッフの口コミ・評判 | 薬剤師転職サイト比較.JAPAN
もう少し早く気付くべきでした。

仕事とは、仕事について思う事。

仕事とは1.お金を稼ぐ事、2.社会勉強、3.出会い、くらいが思いつきます。
まず、1.お金を稼ぐ事について、生きていく為にはお金が必要です。その為には仕事という社会貢献をした対価としてお金を頂く事だと思います。
2.社会勉強について、社会に出ると学生時代のように自分の好きな人だけと話しをするという事は不可能です。
いくら自分と合わない人だとしても仕事を進める上では話しをする機会は必ずあります。いろんな人と関わりを持つ事によって、自分を成長させてくれる場であると思います。
3.出会いについて、何でも話せる友人との出会い、熱い思いを持って仕事に取り組んでいる人との出会い、異性との出会いなど、仕事だから知り合える人は結構いると思い
ます。
最後に仕事について思う事は、どんな仕事でもすぐにNOとは言わず、たとえ自分の範疇の仕事ではない事だとしてもやってみる事が大切だと思っています。
チャンスはどこに転がっているか分かりませんからね。
あと最近、自分で心がけている事は仕事だからといって肩に力を入れず、楽しみながら仕事をしようと思っています。
ある意味、ロールプレイングゲームをしている感覚でいます。

仕事は好きなときに好きなだけ好きな場所でやる

わたしは最近、勤めていた会社をやめました。理由は色々ですが、やはり一番の原因はストレスです。わたしはもともと、対人関係が得意な方でないし、人前にでると、しっかりしなきゃって思って、仕事する前から疲れちゃうんです。
人それぞれ向き、不向きがあるのでなんとも言えませんが、わたしは一人でコツコツと作業する系が好きです。だから、今は自宅でこじんまりとライターの仕事をしてます。もちろん、収入は愕然と減ってしまいましたが、今の生活がほんと気にってます。
わたしは、仕事は好きなときに好きなだけ、好きな場所でやっても良いと思います。職種によって難しい場合があると思いますが、わたしみたいに、人前が苦手だとそれがストレスで平常心で落ち着いてできなくて、ミスしちゃうって人もいますよね。
でも仕事をする上でミスなくするには、自分が居心地の良い環境でできた方が良いし、なによりやってて楽しいってことが大事だと思います。生きている時間で仕事をしてるのは一日の大半を使ってる訳ですから、この時間が苦痛だと人生が楽しくないと思うんです。
楽しく、気楽にできたら、現代からうつ病とか過労とかで精神をやんでしまう人は人がいなくなるんじゃないかなって思うし、それがわたしの願いでもあります。

喫茶店の仕事って実はキツイ?

何年も前に喫茶店で仕事をしてました。担当は調理ではなくホールと皿洗いです。喫茶店は、お客さんがあまり入ってないと穏やかに時が流れ働きやすいのですが、いざお客さんさんが入り店内が混み出すと いろんな人が多少でもイライラしてくるのです。
まず調理をする人は次から次へのオーダーをこなさなければいけない為にイライラ。
そんな時 お客さんはウェイトレスに まだ とかほんとにオーダー通してるのとか遠慮なく言うのです。時には何時何分から待ってるんだけど まだ なんて言う人、お客さんは確かにトーストをオーダーしウェイトレスも再度トーストですねと確認し いざトーストを運ぶとサンドイッチを頼んだと言う事もあり得るのです。
ですが、どんな時も どんな言葉を言われてもウェイトレスは感情を表に出さず スミマセンと言うのです。ほんとは内心はイライラしているのです。
なにせ、言われ放題ですから。ウェイトレスとは料理を運んだりと簡単な仕事と思われる人が多いかと思いますが、精神的には結構キツイ仕事なのです。何の仕事でも同じだと思いますが、やはり実際やってみないと わからないものです。ちなみに、それ以来 喫茶店で働く事はなくなりました。

時給制の派遣の仕事の交通費は事前に確認すべきです。

派遣の仕事の場合、今の時代交通費込みの金額になっていることが多いです。
正社員でも零細企業は交通費5000円までや交通費支給なしの会社もあります。
田舎に住んでおりますので交通費は仕方ないかなと思って派遣の仕事をしておりましたが、契約を更新するごとに仕事内容が追加されていきました。
最初はホームページのコーディング作業でしたが、次はデザインもやって欲しいとのことで出来る範囲ならということで仕方なく同意して更新しました。
新規事業ということで売上は0です。
売上を上げなければ事業として継続することが困難ですので、インターネット広告を募集しようにも知名度がなさすぎて集まりません。
アクセス数も1日10アクセスしかないので知人にすすめることも気がひけるくらいです。
しかし、営業職を以前していたので営業もして欲しいとのこと。
今まで営業で社用車がないことはありませんでした。
どうするのかなと思っていたら自分の車で行って欲しい。手当ては5000円出すとのこと。
営業手当てではなく交通費として。
5日程営業すると、駐車場代やガソリン代ですぐに赤字でした。
働きに行っているのにお金が減って行くことに疑問を感じ契約を更新しませんでした。
交通費についてはきちんと確認しなければいけません。

仕事をしていて嬉しかったこと

私が仕事をしていて嬉しかったことは、同僚から仕事の速さや丁寧さなどを褒められたことです。私は工場での電子部品製造などの仕事をしていました。工場での仕事というのは常に製品を仕上げるスピードを求められていて、そのうえで更に不良品ではないか、きちんと規格内の作業ができているか、など正確な作業が求められます。
そんな中で、私は作業の正確さや速さに優れていたようで、よくそのことについて褒められたりしていました。そのたびにこそばゆい思いをしつつも、そんな風に言ってくださるのは本当にありがたいな、と思っていました。この件でさらに嬉しかったことは、上司も私の作業の正確さ、速さを認めてくれていたことです。
あるとき、上司から、社内で難しいと言われている仕事を任されることがありました。その上司の方とはとてもフランクに仲が良かったので、「ここの仕事難しいじゃないですか、疲れ半端ないですよ~」と冗談ぽく言った時に、「うん、そうだよね…でも○○さん(私)になら任せられるって思ってさ。他の人じゃ多分あの仕事はできないから…きつい所やらせてごめんね、でもすごく助かってるよ」と言われ、そんな風に自分のことを思っていてくれたんだ…と嬉しくなりました。
やはり自分の頑張りを誰かが見ていてくれた、というのは仕事をするうえでとても励みになると思います。

面接の違和感のある仕事は間違いなく後悔する

職業訓練を受けてwebクリエイター能力検定試験エキスパートを取得してwebコーダーの仕事を正社員で募集している会社がなく、1年程探しておりました。
未経験でコーダーの仕事の求人はありませんでしたので、まずは派遣で経験を積んでから働こうと考えました。
まず派遣会社に登録してスキルチェックのシートを記載して二日後に面接でした。
物置のような場所に通されて面接です。
会社にとって何が大切か?と質問され困りました。
大切なのは潰れないことだそうです。
企業としては当然かもしれませんが、面接で言うことでしょうか。
同じ業務を担当している人はここにはいないが他県にはいるとのことでした。
入ってから聞いたのですが、同じ業務を担当しているのは取引先業者でした。
取引先業者のwebコーダーの人と取引先業者のwebデザイナーの人がいるだけでwebに関しては社内に担当している人がいませんでした。
仕事のパートナーですが同じ業務をしているわけではなく、お金を払って作業をしているので、作業をしている所も見れず、聞くことも出来ず、作業自体を把握するのに時間がかかってしまいました。
実際の作業は、コピーして貼り付けるだけの誰でも出来る作業でしたが相手の人の許可をとらずFacebookの画像と記事コピーして張り付けておいてと指示があったりと違法行為だらけでしたので辞めました。

仕事をするうえで一番大切だと思うこと

私は今までいろんな職場で働いてきましたが、これまでの経験で一番仕事をするうえで大切だと思ったことは、職場での人間関係です。たとえどんなに仕事の内容がつらくても、難しいものだったとしても、人間関係が良好であれば耐えられるからです。
というのも、私が新卒で入社したある会社は社内の雰囲気がとても悪く、いじめなどもありました。時には誰かがいじめられてるのを見かけたこともありましたし、私自身も嫌味を言われたりといったことがありました。その会社での仕事内容自体は大したことありませんでしたが、そんな環境だったせいで簡単な仕事も手につかず、とてもつらい思いをしました。
その後、その会社を辞めて他の会社に勤めました。その会社の社員さんはほとんどの方が優しい方で、休憩中など一緒にお茶を飲んだり、お話をしたりととても楽しく仕事をすることができました。仕事の内容は最初の会社よりも幾分難しかったり、残業・休出なども多く肉体的な疲労はありましたが、周りの方と一緒に協力し、和やかな雰囲気の中で仕事をすることができたので、全く辛くなかったのです。
この体験から、どんなに仕事が大変でも人間関係が良好な職場なら乗り越えられる、と私は思っています。